安くなった今こそカラーレーザープリンターでコスト削減

個人経営でも法人経営でも、起業する方に勧めているのがレーザープリンターです。
おすすめする理由は
・ ランニングコストが安い
・ メンテナンスなしでもトラブルが少ない
この2点です。

ランニングコストについてはふたつ意味がありまして、 まず、インクカートリッジよりもトナーの方が割安ということ、 もうひとつはクリーニングの必要がないので、 計算以上にトナーの方が安くなることです。

プリンターによっても変わりますが、 トナー1本は結構な金額で、安くて3千円、高いと1万円もするので、 トナー1本ごときでそんなにするなら、1個千円くらいのインクジェットでいいや、と思ってしまいますが、 刷れる量が雲泥の差なので、そこを比較するなら一度計算してみるとすぐ分かります。
それに加え、インクジェットプリンターでは電源オンのたびにインクは消費しますし、 かすれてクリーニングする度に、これまた大量にインクを使ってしまうので、 数えれば分かるのですが、インクジェットプリンターで実際に印刷できる枚数は案外少ないです。

これまではレーザープリンターが高価なこともあって、 その中から1万そこそこで買えるモノクロレーザーを提出書類用などに用意することを薦めていたのですが、 近年ではA3カラーレーザープリンターでさえ、比較的買いやすい価格になってきていて、 今(2014年1月)調べてみたところ、3万ほどでありました。
A3のカラーレーザープリンターが3万ほどで買えるんです!

通常、正式な書類にインクジェットは不可(にじむ、あせるため)で、基本的にはレーザープリンターが必要です。
納品書や請求書はもちろん、取り交わす書類や確定申告用紙なども、レーザープリンターで印刷するべきです。
納品書や請求書なんか、手書きのあれでいいや、と思ってしまうかも知れませんが、 1枚当たりのコストは、1部100円そこそこで買える納品書よりも、レーザープリンターの方が紙代を含めても安くなります。

それでインクジェットを使わないのかと言うとそうでもなく、 写真が含まれるものはやはりインクジェットの方がきれいに印刷できるので、 そういった物はインクジェットプリンターで印刷しています。

私のところでは紙面で渡す必要のある書類はすべて印刷しているので、 毎日レーザープリンターが頑張ってくれています。
インクジェットの方が出番は少ないのですが、それでもごく一般に使われている以上には印刷しています。
そういったこともあって、印刷代にはそれなりにコストがかかってしまうのですが、 レーザープリンターを使っているため、インクジェットのみに比べると相当経費は削減できています。

もう一点の「メンテナンスなしでもトラブルが少ない」というのも重要です。
構造上、インクジェットプリンターは紙詰まりもしやすく、インクも詰まりやすい、加えて機械的な不調や回路の故障などもあって、 思っているほど長く使えないことや、日常でのトラブルが少なからずあります。
それと比べるとレーザープリンターは、長く使っていると紙詰まりする時もありますが、 それ以外のトラブルらしいトラブルはほとんどありません。
機械的な限界は当然迎えるので、永久に使える物ではありませんが、 例えば私のところでは、1台のレーザープリンターを10年間使っていて、その後買い換えています。
インクジェットはというと、今3台目です。
しかも、いずれも何回か修理しています。
単純にそれのみのコストでもレーザープリンターが安くなっていますが、 それ以上に、日常においてトラブルがほとんどなかったことの方がメリットがあります。
逆にインクジェットは度々トラブルに見舞われていて、 その都度時間を取られるのが、時間もそうですが精神的にも良く無かったですね。