税務署への開業届け提出

税務署へ開業届けを出して、いよいよあなたも経営者となります! 特に難しいこともないし、書くこともないので、適当に読んで下さい。

開業届けは税務署で貰う事ができます。 届けとか書類とか聞くと面倒なものを想像してしまいますが、 名前と住所などを書くくらいで、5分もあれば終わります。 ただ、ここで絶対に必要なのが、「お店の名前」です。

長い期間をかけてお店の準備をしてきた人であれば、 お店の名前もすでに考えていると思います。 今後の自分の人生にずっと付いて回るものなので、 じっくりと考えておきたいところです。 ゲームのキャラクター名を付けるどころではありません!

この開業届けは、普通はお店を出す前に提出しますが、 多少前後しても構いません。 ただ、開店後は色々と忙しくなり、忘れてしまうと困るので開店前に出す方がいいと思います。 現に忘れていた人もいます・・・。

ちなみに、決算は法人は3月末ですが、個人の場合は12月末です。 12月末で締めて棚卸など全て終えて、2月に確定申告となります。 1月になってから開業した場合は、そのあたりの事は次の年末で初めてやることになりますが、 12月末までに開業した場合は、その年の確定申告をする事になるので、 開業が年末になればなるほど無駄に忙しくなるので、 開業の日はそのあたりも考慮して余裕を持つ方がいいかもしれません。

お店を開く時、得にオープン当初は宣伝広告が重要です。
次のオープン時の折込広告もご覧下さい。