掃除の大切さ

毎日お店を営業するということは、毎日掃除するべきなのですが、開業したてはしなければいけない事、したい事を優先してしまい、 今にして思えばあれは失敗だったなぁと思うことです。

大型のショッピングモールのテナントなどではまだマシですが、 大通りに面したテナントなどに入った場合、砂利やホコリが店内に入ってくるため、掃除が欠かせません。 とは言え、目に見えないとそれほど気にならないし、 忙しければ尚更おろそかになってしまいます。

そんな私も、目に見えるゴミや最低限必要な清掃はしていましたが、 わざわざ掃除の時間を作ってやるほど熱心に掃除はしていませんでした。 建物や店内、設備などが古いという事と清潔であるかは全く別で、 綺麗にしていることはとても大切なことだと後から思いました。

それはお客さんの会話から、 「あの店汚いからあんまり行く気にならないよね」 と違うお店の事を言っているのを聞いたのです。 そこは飲食店ではないのですが、 薄暗く、掃除もまともにしていないようで、 言われると確かに 「他に同様のお店があればそっちに行きたくなる」 という感じです。 これはサービスや料金以前の問題で、 その店そのもののイメージが悪くなってしまい、 お店を経営していく上で最も重要な事のひとつ、「リピーターを逃す」事になってしまいます。

飲食店では 「1回失敗したら2度と来ないと思え」 と言われるほど料理に妥協は許されず、 調理に失敗した物は必ず処分し、多少待ってもらっても良い物を出す方がいいです。 1回まずい料理を食べさせてしまっては、 そのお客さんは当分来ることもないし、 大切な宣伝効果のひとつである「口コミ」が良いどころか悪くなります。

パン屋さんなどでは「口に入れる食べ物」が「誰でも触れる状態で陳列」されていることもあって、 中にはそういうお店には絶対に行かないと言う人もいます。 その人が潔癖なのではないかと言えばそうかも知れませんが、 そう言う人にも対応できるお店づくりができればいうことないですよね。

特に飲食店では清潔感は大切ですが、 それ以外の業種でも清潔であることが良いのは言うまでもないですし、 開店当初となればお客さんの数も多く、 それによって入ってくる砂利やホコリも多くなり、 そこで掃除を怠ってしまうとよからぬ口コミが広まることも考えられます。 開店当初以外でも宣伝広告などを出した時など、特に多くのお客さんが来る時はいつも以上に小奇麗にしておき、 マイナスイメージを持たれないようにする事が大切です。 飲食店であればテーブルは軽く洗剤を含ませたフキンで拭くとか(ベタベタ感を無くす)、 商品の販売であれば、お客さんが直接手に取る物はちゃんとホコリを落としておくとか、 床掃除はもちろんですが、蜘蛛の巣などないかドアの隅をチェックするとかです。 ずっと続けられれば一番良いですが、 1週間でも1ヵ月でも、「お店をかわいがる」ように綺麗にしておくといいと思います。